WebARENAのVPSクラウドを契約

SSDプランが2013年10月01日からスタートしたらしく、
今なら10月と続く2ヶ月間基本料無料化ンペーン中なので、契約してみた。
じつはopenVZと言うことをあとで気づいてKVM on KVMを想定していただけにショックを隠せない。

このプランは、仮想4CPU,RAM6G,SSD30Gなプランで
キャンペーン使わずに契約しても月額3,780円で初期費用も無しで使いはじめることができる。

VPS提供各社は主にRAM2Gなプランを主戦場に構え、初期費用無料と銘打っているが、
より高性能なプランでは初期費用が月額の1-2場合程度取られイニシャルコストが嵩む。

2013年10月末時点のVPS提供各社の比較

KVM御三家
提供会社 プラン 初期費用 月額 備考
さくらインターネット SSD 4G 3,680円 3,680円 HDDもそれなりに早い
お名前.com メモリ
4GBプラン
5,680円 3,880円 SSDプランは無し
ISOをSFTPで上げてマウントする機能が良い
SPPD ワンワン4GB 3,150円 2,835円 SSDプラン無し

 

openVZ御三家
提供会社 プラン 初期費用 月額 備考
DTI ServersMan@VPS PRO
(4G)
0円 1,980円 IP4つ貰えるのがでかい
KAGOYAjapan タイプB(4G) 0円 1,680円 スケールアウトが楽
NTTPC SSDタイプ(6G) 0円 3,780円 SSDだが30Gしかない

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

WordPress Themes